一般社団法人日本インフラ保全機構(Ni-imo)についてご紹介いたします。

Ni-imoの概要

Ni-imoの役割

Ni-imoの役割

一般社団法人日本インフラ保全機構(略称Ni-imo)は、土木工事を中心に、地元企業の皆様と各種材料のメーカーをつなぐパイプ役として、メーカー・商社を中心に設立された社団法人です。
道路・河川・砂防・橋梁・農業土木・上下水道などのインフラ整備に係わりながら地域社会の発展に貢献することを目的としています。
社団法⼈の趣旨に則り、地元企業の皆様の利益を第⼀としています。各メーカーが連絡を取り合うことで、技術・材料に関する施⼯性・経済性・⻑寿命化も加味した、最適なご提案が可能です。

事業について

事業について

日本は、高度成長時代から50年が経過し、多くのインフラが何らかの補修が必要な時期に来ています。また、時代の趨勢として、少しでも長持ちさせる補修が求められています。

・ 目的に合った的確な材料の選定
・ 新しい材料や技術のご提案
・ よりローコストで、より信頼性の高いご提案

これらのニーズに、Ni-imoは多くのメーカーが蓄積してきた技術・ノウハウを駆使しお応えします。

地元社会と共に行う事業について

地元社会と共に
行う事業について

地元の皆様との⼀体化を目指し、窓口を一本化しワンストップで対応することにより、各種材料のご提案はもちろん、技術的なアドバイスや施⼯管理など幅広い業務のご相談を、効率的にご依頼いただけるようになりました。
地元企業を中⼼として構成された法⼈メンバーが、
地域の状況を的確に把握し、地域貢献に根差した社団法⼈を目指しています。
また、地元で事業を行うパートナー法人として、共同企業体(JV)や合同会社(LLC)を設立し、業務を委託、当法人の持つ人材育成や管理ノウハウを皆様に活用していただくサービスも提供しております。

地元社会と共に行う事業について

Ni-imoの強み

【材料・技術】
独自に構築したネットワークをフルに活用し、様々なニーズに対応できる体制を整えています。
Ni-imoは一つのメーカーや技術に頼ることはありません。
多くの幅広いメーカーから材料・技術を入手・比較検討することで、現場や構造物の状況に応じた最適なご提案をしております。状況やニーズをお伝えいただければ、Ni-imoの技術陣が豊富な技術⼒の中から、必要なものを的確に判断・ご提案いたします。

【積算・施工】
豊富な経験によって培われた高度な専門知識を活用することで、あらゆる状況下での積算・施工に対応いたします。安心・安全なインフラ整備に貢献し皆様の暮らしを支えるのが私たちの願いです。